造園とは?植木屋・庭師との違いや業者の選び方を紹介

庭造り・ガーデン

「造園ってなに?」「植木屋や庭師とはどう違うの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。これらの違いがわからなければ、どの業者に庭づくりの相談をすればよいのか悩んでしまいますよね。

そこで本記事では造園について詳しく解説するとともに、植木屋や庭師との違いもご説明します。自宅の庭を作りたい場合の業者の選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそも「造園」とは?

「造園(ぞうえん)」とは、大きくいえば「庭づくり」のことです。

一般住宅の庭のほかにも、ホテルや旅館の庭園、公園、遊園地、街路樹など多岐にわたる空間を作ります。和風庭園や洋風庭園、ビルなどの屋上緑化、壁面緑化など種類もさまざまです。

そして庭づくりをするだけではなく、植物のお世話をする緑化管理なども仕事のうちです。つまり、庭に関する計画や施工、メンテナンスまで一括で依頼できる業者が「造園業者」といえます。

造園には庭の空間を作り上げるため、植物以外にも、建築や土木の専門知識が必要です。そのため造園業を営むには、国家資格である「造園技能士」「造園施工管理技士」などをもったスタッフを在籍させなければなりません。

また造園はとても大切な仕事です。なぜなら緑化活動を行うことで、省エネやヒートアイランド現象の緩和に加え、人々を癒す効果も期待できるからです。

このように庭や緑に関する空間づくりは、一般的に造園業者が行います。

「造園業」「植木屋」「庭師」の違い

造園業とよく混同されてしまうことが多い「植木屋」「庭師」の違いを解説しましょう。

結論から述べると、この3つに明確な違いはありません。しかし、どのような業務に重きを置いているのかによって微妙に異なります。

  • 造園業:庭全体の設計やデザイン、保守管理などを総合的に行う
  • 植木屋:樹木の剪定や移植をおもに手掛ける、植物の管理を専門に行う
  • 庭師:樹木の剪定により空間を作り出す、庭をつくる職人

前述のとおり、造園業を行うためには国家資格をもった専任技術者を配置することが必須です。一方で、植木屋や庭師の事業を行うのに資格は必要ありません。実務経験があれば、誰でも開業できます。

この3つをあえて分類するとすれば、「造園業・庭師」と「植木屋」に分けられるでしょう。

造園業と庭師はよく似た仕事を行っており、スケールが大きい案件は造園業、比較的小規模な案件は庭師が請け負っているようなイメージです。

植木屋は、樹木の剪定や移植などの植物の管理を専門的に行います。植木屋も庭師も、「庭を作る」という広い意味では造園業に含まれているといえるでしょう。

一般住宅の造園で依頼すべき業者の選び方

「結局、自宅の庭づくりはどこに依頼したらいいの?」と悩んでしまう方も多いでしょう。依頼する業者は、あなたがどのような庭づくりを希望しているのかによって異なります。

ここでは、自宅の庭づくりに適した業者の選び方をご紹介します。

単純に庭づくりをしてほしい:造園業 or 庭師

  • 樹木や花壇など、庭の空間そのものをデザインしてほしい
  • シンボルツリーを植えて欲しい
  • 庭の緑を増やして癒しの空間にしてほしい など

上記のように樹木や花などを取り入れて、単純に庭づくりをしてほしい場合には「造園業者」「庭師」に依頼しましょう。

前述のとおり、造園業者や庭師は庭に関する空間を作り上げるプロです。自然の樹木や花以外にも、像や噴水などの人工的な要素も取り入れながら庭を造形します。

造園業者なら植栽管理も同時に依頼できるため、複数の業者に相談しなくても窓口をひとつにまとめられて便利です。

また樹木の移植や剪定だけをお願いしたい場合には、「植木屋」をおすすめします。

 

新築の庭づくりについて悩んでいる方は、下記の記事もご覧ください。

 

庭と合わせてエクステリア空間も一緒につくりたい:エクステリア業者

「庭も含めて、エクステリア空間も一緒にお願いしたい」と考えている場合には、「エクステリア業者」に依頼することをおすすめします。

なぜなら上記でご紹介してきた業者は、外構工事を請け負っていないためです。

その点エクステリア業者ならをはじめ、外構フェンスカーポート玄関アプローチなど総合的にエクステリア空間をデザイン・施工できます。植栽や芝生を植える依頼も可能です。

庭づくりとエクステリア工事を別々の業者に依頼することもできますが、複数の業者を使うことで費用が高くなってしまうケースも珍しくありません。

庭と合わせてエクステリア空間の工事も希望している方は、ぜひエクステリア業者への依頼を検討してみてください。

 

下記の記事は、エクステリア業者である弊社「ステージ」が実際に行った庭づくりの事例です。

具体的な提案やどのように庭を作り上げていくのかを細かく書いているため、庭づくりを検討している方は参考にしてくださいね。

 

造園・エクステリア工事にかかる費用相場

造園にかかる費用相場は、およそ「数十〜100万円」といわれています。単に樹木や花を植えるだけの工事なら比較的安い費用ですが、人工的な要素を取り入れたり、広範囲にわたる作業だったりするとその分コストもかかるでしょう。

一方、外構も含めたエクステリア工事を依頼する場合には「100〜300万円」程度が費用相場といわれています。

どの工事にもいえることですが、作業範囲やこだわりによって費用は大きく異なりますので注意してくださいね。

エクステリア工事の詳しい費用を知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてください。

 

エクステリア専門業者「ステージ」ができること

ステージでは、単に芝生や樹木を植える庭づくりだけではなく、ウッドデッキやテラス、目隠しフェンスなどの外構工事も手掛けています。

お客様の漠然とした庭のイメージを形にするため、要望を汲み取り庭全体の空間をデザインすることが可能です。その秘訣は、弊社代表の大橋が営業・設計・監理までを一括対応していること。

トータルサポートすることで、お客様の想いをダイレクトに再現できるのです。

もし外構を含めた庭づくりを検討している場合には、弊社「ステージ」までお気軽にお問い合わせください。(※Zoomによるオンラインの打ち合わせも可能です)

>>無料でステージに相談してみる

まとめ

造園とは、一般的に庭づくりを指します。樹木や花などの自然要素に加え、像や噴水などの人工的要素も取り入れて空間を作り上げるのが仕事です。さらに緑化管理なども行います。

造園と似たような庭師や植木屋もありますが、規模やどのような事業に重きを置いているのかによって微妙に異なるため覚えておきましょう。

単純に庭づくりがしたい場合には造園業者に依頼するのがおすすめです。しかし外構などもあわせたエクステリア空間を作りたい場合には、エクステリア業者に相談してみましょう。

エクステリア無料相談はこちら

ステージでは、富山県内からのご依頼を承っております。営業・設計・監理を一貫して代表の大橋が担当。よりクオリティの高いエクステリアを実現します。

サービス詳細

関連記事一覧