会社概要

この仕事をする理由

1.地元富山で生まれ育ちました

私は地元富山で生まれて、家族4人で小学校・中学校・高校と富山で過ごしました。

兼業農家だったので、休日の多くは田んぼの手伝いをする幼少期でした。

また、父親は仕事自体も日々忙しくしていて、頻繁に遊んでもらったというわけではありませんが小学生の時は空いた時間には庭で父親とキャッチボールをして遊び、その間母親は夕食の準備をし、遊んだ後は皆で夕食を食べるといったことが楽しみのひとつでした。

そうこうしているうちに年月が過ぎ、中学・高校へ進む頃には行動範囲が広まり、庭の在り方も変わっていきました。

私が庭に出る時は遊ぶというよりも草むしりや一角にある畑の手伝いをする為だけとなり、一方母親が畑仕事やガーデニングに力を入れていくようになっていました。

そして高校3年生の時には大学受験をして県外の大学へ行きましたが、卒業後は富山に戻りエクステリア専門店に就職しました。

新人のときは経験不足や未熟なことが原因で周りに迷惑をかけてしまっていたり、お客様からもお叱りの言葉を頂きながら毎日勉強させて頂いていました。

そういう思考錯誤を繰り返しながら経験を積んでいた27歳のとき、病気で父親を亡くしました。

幼少期のころを振り返るとキャッチボールをしたことを思い出したり、父親ともっと一緒に過ごし、語り合ったりする時間を作っていれば良かったなと強く思いました。

とはいえ、社会人としての責任が付いており仕事に没頭していきました。

そして私が30歳のとき、一度目の転機として転職を決断します。

技術を身に付けたいという理由で土木会社へ転職し、職人としての修行が始まりました。

おかげ様で技術と知識は身につけましたが、待ち受けていたものは下請けという立場上、元請けからの図面をひたすらこなすだけという状況でした。

「自分ならもっと良い提案やデザインができるのに・・・」

そしてプラン作りや設計の仕事もしたいと思うようになり、2度目の転機として某住宅会社へと外構専門スタッフとして再就職しました。

そこでは家づくりからスタートするお客様と接する事ができるので外構ももちろんゼロから一緒にお客様と作り上げます。

自分のスキル全てを発揮することができ、時にはそれ以上のことを求められる案件もありました。

そういったところにワクワクしましたし、仕事にやりがいを感じていました。

ガーデニング

このような日々の生活をしていると日常的に無意識に色んな庭が目にとまるようになっており、すばらしいと思う物件がたくさん見つかります。

しかし見た目は良いが、「歩きにくそう」「使いにくそう」「小さなお子様やお年寄りがつまずきそう」などと思うような物件もたくさん目にとまるようになりました。

そして、私だったらこうするのにな、という思いが徐々に膨らんでいきました。

2.開業と苦悩

次第にこのような「歩きにくそう」「使いにくそう」「小さなお子様やお年寄りがつまずきそう」などといった状況が少なくなるように、そして私自身がもっと多くの人に今の自分の知識や情報、スキルを提供して快適なお庭で過ごして頂きたいと思うようになり、開業という道を選択しました。

しかし、思い描くものは持っていてもそれをうまく伝える方法が分かりませんでした。

すると次第に低価格競争に陥ったり、下請け気質のような状態になってしまい、理想とのギャップを目の当たりにします。

「このままでは何のために独立したんだろう。」と思うようになり、つらい日々を過ごしていました。

そういった状況の中でも、少ないながらも来て頂いたお客様に対してはご家族が楽しく過ごすことができたり、喜んで頂けるような素敵なデザインをご提案したり、といった事を常に心がけながら仕事に取り組んでいました。

するとお客様からは「他の会社と比べたけど信用できるのでステージさんでお願いします」「他とは違って親身になって相談に乗ってくれたんでステージさんでお願いします」と言っていただけることが徐々に増えてきました。

そしてある時、仕事に対してより没頭していけるきっかけが訪れました。

3.お客様の未来も意識したご提案へ

実は開業する少し前に、子供が生まれていたのですがなかなか時間が取れない中でもなんとか妻のサポートをしながら子育てにも奮闘していました。

子供と接する時間が増えたことにより父親として子供への愛情を実感するようにもなりました。

それと同時に自宅の庭で「こんなことができたらいいな」「こんな風に遊ぶっていいな」という思いも膨らんでいきました。

そしてある時ふと、よみがえってきたのは私が幼少期に家族と遊んだあの庭での光景でした。

あのような雰囲気や情景のある庭を皆さんにお届けできたら、きっと楽しい時間を過ごすことができ、しかも大人になった時の思い出にも残るのではないか、と思い始めました。

すると気づいていったのは、問い合わせを頂いた中でも、小さなお子様がいらっしゃるご家族や、これからお子様が生まれてくるといったご家族からの相談で

「プールを出して遊べるようにしたいんです。」

「バーベキューができるようにしたいんです。」

「子供たちが遊べるようにしたいんです。」

などといったご相談を受けている時が楽しく、さらには子育てがひと段落したご家族のご相談で

「好きな庭を手に入れることが長年の夢なんです。」

「子供が県外から戻ってくるのをきっかけに綺麗な庭に作り替えたいんです。」

といったご相談を受けている時も楽しく、自分の父親との時間、子供との時間をきっかけに私が一番やりたかったのは「これだったんだ!」、ずっと家族との時間を作っていける、安心して遊ぶことができる、そういう庭を提供したいんだと気づきました。

4.このような声を頂きました

4-1.家族の笑顔

「子供たちが休みごとに庭に出て昼ご飯を食べている。」

「(土)(日)はプールを出して遊んでいます。」

「子供が喜んでいて、ウッドデッキでさっそく家族でバーベキューをしました。」

バーベキュー様子

4-2.庭で遊ぶ

「わざわざ公園に行かなくても子供たちが庭で遊んでくれるので、その間洗濯物を干せます。」

「公園に行かなくても遊んでくれるので目を離しても安心だというのは本当でした。」

4-3.手入れの軽減だけでなく雰囲気づくりも

「好きな庭を手に入れることが家を建てた以来の長年の夢でした。」

「草むしりが軽減されて助かった。」

「草ではない植物に囲まれて雰囲気が良くなった。」

素敵なお庭

4-4.上質なデザイン

「友人・知人から素敵だねと言われます。」

「実際に完成した物を見ると圧巻でした。」

「常にこちらの想像を超えるデザイン提案や意見をもらえました。」

おしゃれなエクステリア

お客様へ毎日の生活が楽しくなるようなスペースを提供させて頂き、とても喜んで頂きました。

いつもご提案させて頂く時に特に心がけていることは、お客様がそもそも大事にされていることを生かすことができるような提案をさせて頂くことです。

5.あなたのお庭も素敵な思い出の場所に変えませんか

子供の為、自分たちご夫婦の為に、快適で楽しい生活を叶える方法のひとつとして徒歩0分という場所を快適な空間へと変えていくことができるのが庭です。

外構・庭・エクステリアをご希望の方は弊社ステージへご相談ください。

会社概要

 

会社名

ステージ外構設計事務所

代表者氏名

大橋 哲雄

所在地

富山県富山市経堂三丁目12-20Victory経堂A-2-T号室

電話番号

076-461-6708

主な事業内容

エクステリア、外構、ガーデン

コンセプト

1.私達はお客様の不安を解消します。

不安とは工事の内容、金額、仕事の良し悪しに対するものです。そのため不安を解消するまで時間を掛けます。

2.私達は無駄な経費は一切使いません。

お客様のためと思われないような無駄な経費は使いませんが仕事のクオリティーを維持するために、材料費以外の現場管理費や現場作業費(職人費)などは、必要分計上しております。

3.お客様の“不満の解消”と“理想の実現”に全力を尽くします。

“不満の解消”と“理想の実現”に向けて、お客様の本当のニーズを導くために時間を掛けて細かくお聞きいたします。