テラスや屋上の家具は雨に濡れても大丈夫?真似したくなるおしゃれなコーディネートも紹介

エクステリア

テラスや屋上に空きスペースがあると「おしゃれなテーブルやソファを置いて完全なプライベートスペースにしたい」「ガーデンリビングに憧れる」と考える方も多いでしょう。

しかしそこで気になるのが「外の家具は雨に濡れても大丈夫なのか」という点ですよね。屋外用の家具は雨に濡れても大丈夫なように作られています。

本記事ではテラスや屋上に置く家具について加工の種類や素材を徹底解説します。最後にはテラスや屋上のコーディネートもご紹介しますのでぜひ目を通してみてください。

テラスや屋上にある家具は、雨に濡れても大丈夫なの?

結論からいえば、テラスや屋上に置かれている家具は雨に濡れても大丈夫です。

屋外用の家具は雨や日光に当てられても劣化しにくい素材で作られています。そのため外に置きっぱなしでも基本的には問題ありません。もし雨に濡れたり砂埃がついたりしても簡単に水洗いが可能です。

まれに室内用の家具が不要になったからといってテラスや屋上で使う方もいますが、雨や日光に強い素材で作られていないためすぐにカビたりホコリがついたりと劣化し汚れます。そのためテラスや屋上で使う家具は、屋外専用の家具を選ぶようにしましょう。

ただし屋外用の家具は軽量に作られている場合が多いため、台風などの風が強い日は室内に避難させたほうがよいでしょう。

テラスや屋上で使う家具における加工の種類

ここで屋外用家具に施されている素材の加工についてご説明します。おもな加工の種類は以下の4つです。

加工の種類特徴
加工なし
  • 屋根のある場所で使うことが推奨されている
  • 基本的には通気性のよい素材で作られているため、雨によって中まで濡れてしまっても乾きやすい
  • 拭いたり洗ったりと定期的なメンテナンスが必要
  • 加工していないため、室内ソファやクッションのように触り心地が快適
撥水加工
  • アクリル繊維やポリエステル繊維から作られている場合が多い
  • 通気性とやわらかい質感が特徴
  • 生地の表面で水をはじく
  • 拭いたり洗ったりと定期的なメンテナンスが必要
耐水加工
  • 抗菌仕様のポリプロピレン素材が使用されている場合も多い
  • 生地の裏側にはポリウレタンフィルムを施し、雨水や汚れが内部に浸透しないようになっている
  • 雨の日でも外に置きっぱなしで大丈夫
  • 表面は濡れてしまうため、時々拭いたり洗ったりとメンテナンスが必要
  • 加工なしや撥水加工の生地と比較すると、固い触り心地
防水加工
  • クルーザーや客船のデッキでも使用されているほど防水性能が高い
  • 表面ですら水を染みこませないため、濡れたり汚れたりしても濡らした布やスポンジなどで拭き取るだけで簡単に掃除できる
  • 触ると防水加工特有の固めな触り心地。見た目は普通の生地

どの加工が施された家具を選ぶのかによって、価格も大きく異なります。

そのためたとえば「使うときだけ室内から持ち出すようにして価格を抑えたい」と考える場合には、加工なしや撥水加工の家具がおすすめです。

反対に「家具の出し入れは面倒だからテラスや屋上に置きっぱなしにしたい」と考えている場合には、耐水加工や防水加工が施されている家具を選びましょう。

テラスや屋上で使う家具の代表的な素材4つとは?

次に屋外用家具の代表的な4つの素材をご紹介しましょう。

  • 木製
  • 高密度ポリエチレン製
  • ポリ塩化ビニル製
  • 金属製

それぞれの特徴もあわせてご説明しますので、ご自身のライフスタイルに適した素材を選んでくださいね。

木製

(引用:楽天市場_アカシア天然木 リクライニング折りたたみ式ガーデンチェア Resse レッセ サイドテーブル W55

木製の家具はテラスや屋上をナチュラルな雰囲気にしてくれます。木材の風合いを変えればカフェ風和風、ヨーロッパ風といったさまざまな空間を楽しめるでしょう。

加えて軽量になっている場合も多く、持ち運びに便利です。使用頻度が低く「使っていないときはしまっておきたい」と考えている方にもおすすめします。

ただし耐久年数は2〜3年として考えておきましょう。使用されている木の種類によっても異なりますが、木材で作られているためそれほど長い期間は保たない可能性があります。

また劣化を遅らせるためにも、お手入れをしっかりと行うことを心がけてください。お手入れの方法は、年に1〜2回程度ヤスリをかけて表面の汚れをクリーナーで落として乾かします。その後オイルを塗って保湿をしてあげると長持ちしますよ。

高密度ポリエチレン製

(引用:サニーサイドガーデン_ラタン ラウンドソファS【ガーデンソファ】

高密度ポリエチレン製の家具は細かく編み込まれた素材で、その見た目から「人工ラタン」とも呼ばれています。「ラタン」とは東南アジアのほうに生息するツル性の植物のことです。

南国リゾートのようなラグジュアリー感を味わえるため、テラスや屋上の家具として高い人気を誇っています。

また人工ラタンの家具は耐候性・耐久性・防水性にも優れているため汚れても水で丸洗いが可能です。高級感のある見た目でメンテナンス性が高いだけあり、ホテルや飲食店などでも採用されています。

自宅で使う場合でも雨や日光に強い特性をもっているため、屋外に置きっぱなしにしても問題ありません。

ポリ塩化ビニル製

(引用:メトロクス_ビーチサイドで愛用されるアカプルコチェア

ポリ塩化ビニル製のテーブルやソファは、カジュアルな空間を演出したい方におすすめです。

汚れたら水で丸洗いできて、お手入れも簡単な点がメリットといえるでしょう。ただし日光にはあまり強くありません。紫外線による劣化で、表面がザラついたり色あせてきたりする可能性があります。

そのため日差しが強い春夏は、室内に避難させたほうが無難です。

金属製

(引用:楽天市場_ガーデンチェア 金属製 ホワイト

金属製の家具は繊細なデザインが特徴です。金属特有の重厚感があり、アンティークな雰囲気にしてくれます。

ただし雨に強くないため普段は室内で保管して使うときだけ出すようにしましょう。もしもサビてしまった場合には、サビ落としの専用クリーナーなどを使ってメンテナンスをします。

真似したくなる!テラスや屋上のおしゃれな家具コーディネートを紹介!

ここからはテラスや屋上のおしゃれな家具コーディネートをご紹介します。ハイセンスなガーデンリビングを実現させたい場合にはぜひ参考にしてください。

上の写真は南国リゾートを思わせるような空間ですね。人工ラタンや木製家具を組み合わせるほか、優しい印象のナチュラルブラウンでカラーを統一しています。

中央には濃いめのブラウンテーブルを配置し全体を締め、まるでカフェのようなリラックススペースが再現されています。

こちらはウッドデッキとあわせて木製テーブルを配置しています。海を眺めてリラックスできるよう、全体的にシンプルかつナチュラルな素材を取り入れているようです。

大人上品な印象のブラックで統一された人工ラタンの家具です。オフホワイトのクッションなどをセットすれば、さらにくつろげる空間へと生まれ変わるでしょう。

まとめ

屋外で使える家具は、多くの場合が雨や日光に強く置きっぱなしにしても大丈夫なように作られています。とはいえ木製や金属製の家具は、長持ちさせるためにも室内で保管しておくと安心です。

エクステリア工事を専門に請け負う弊社「ステージ」では、「テラスや屋上を有効的に活用したい」といったご相談も多くいただきます。家族との大切な時間を過ごすため、テラスや屋上にガーデンリビングを作ってみませんか?

弊社は『エクステリアで子育て世代を応援』をメインテーマに活動しています。ぜひお気軽にご相談ください。

エクステリア無料相談はこちら

ステージでは、富山県内からのご依頼を承っております。営業・設計・監理を一貫して代表の大橋が担当。よりクオリティの高いエクステリアを実現します。

サービス詳細

関連記事一覧