よくあるお庭の悩みTOP3と解決事例

庭造り・ガーデン

お客様が住まいをされている家の外構や庭について、お客様がステージに問い合わせをするキッカケとなるお悩みTOP3とその解決事例をまとめてみました。

これから新築に伴う外構を考えている方にも参考になるでしょう。

草むしりから解放されたい

ダントツで1位の要望が「草むしりから解放されたい」です。

共働きや子育て中というご家庭が多く、草むしりまで手が回らないといった現状の為、ご自宅へ伺うと腰くらいまで草が伸びてしまっているということもあります。

単純に雑草対策ということだけであれば以下の3パターンでほぼ解決できます。

  1. 防草シートの上から砂利を敷き詰める
  2. コンクリート又はその類をする
  3. 人工芝をする

しかし、その他の機能性やデザイン性も含めた庭のある生活という付加価値も合わせてご提案させて頂くのがステージです。

解決事例

雑草対策before

雑草対策after

リビングと庭を直接結ぶ導線を確保し人工芝で子供たちと遊べる空間をつくり、庭としての眺めも確保するため砂利敷きと植栽エリアの組み合わせで殺風景にならないようにしました。

庭に目隠しが欲しい

新築してしばらく住んでみた感想として、「カーテンを開けることができない」「せっかく作ったウッドデッキやタイルデッキに出ることができない」などが良くあるお悩みです。

解決事例

目隠しをしたい場所にフェンスを立てるのが定番です。

さらに樹木などの植栽も配置すれば、より庭としての眺めや機能も充実します。

一つ目の事例が次の画像です。

目隠しbefore

目隠しafter

タイルデッキで子供たちと遊んでいても周りが気にならなくなり、道路への飛び出しもなくなりました。

二つ目の事例が次の画像です。

目隠しbefore2

目隠しafter2

周りからの視線を気にすることなく庭で過ごすことができるようになりました。

目隠しの記事はこちらも参考

手付かずの庭を有効活用したい

大まかにでも庭での過ごし方の理想像を描いていらっしゃる場合で、「あれもしたいし、これもしたい。だけど具体的にどうしていいか分からない」というお客様が多いです。

庭活用before

庭活用after

ウッドデッキとサンルームを一体化することで物干しだけではなくリビングと庭を直接結び、子供たちが楽しく遊ぶことができます。

自転車置き場として設置した屋根の下ではプールを出して遊ぶ場所としても活用できます。

植物を適宜配置することで庭としての効果もあります。

まとめ

外構にはコストももちろん関わる為、新築時には後回しにしてしまう場合もありますが、業者側としては将来像を想定して最初にトータルでご提案する必要があります。

その上で優先順位を決めたり、仕様や規模をお客様と共に検討して進めていくのがステージです。

また、“小さなお子様がいるご家庭”と“子育てが落ち着いたご家庭”とでは提案の仕方が変わってきます。

興味を持たれた方はステージへお問い合わせください。

エクステリア無料相談はこちら

ステージでは、富山県内からのご依頼を承っております。営業・設計・監理を一貫して代表の大橋が担当。よりクオリティの高いエクステリアを実現します。

サービス詳細

関連記事一覧