庭づくりデザインに挑戦!成功するための鉄則をプロが解説

庭造り・ガーデン, 目隠し・フェンス

庭やエクステリアのデザインは限りなくあり、敷地形状や高低差によっても変わってきます。

どんなデザインがあるのか、これから自宅の庭を考えようとしている一般の方へ向けて、エクステリアのデザインを考える際のコツを実例をもとにご紹介します。

ステージで施工した事例紹介

まずはステージで施工した事例をひとつご紹介します。

アルミの柵

これから先はこの写真が、白紙の状態からプラン完成するまでどのようにして進められていったかを中心にご紹介します。

とにかくやりたいことや悩みを書き出してリストにする

まずは実際に文字に起こして「やりたいこと」「解消したい悩み」を書き出します。

自分の頭の中が整理されますし、庭をつくる目的を振り返ることができるので重要な作業です。

以下の項目が挙げられました。

  • 植物の管理に自信がないから少なめに
  • 可能な限り雑草対策をする
  • 見た目が殺風景。
  • 周りからの目線が気になって家のなかにいてもリビングのブラインドを空けることができない
  • 庭に出ても目隠しがないので気になる
  • 子供が遊べたらいいな
  • 足を踏み入れない場所になっている
  • 来客用として駐車ができたらいいな
  • 除雪をするときに用水がないので一時的に雪を集めておく場所が欲しい。

以上のようなリストができ、これを前提条件として次へ進みます。

おおづかみな配置計画を検討する=ゾーニング計画

前提条件がそろったので次は、おおまかな配置計画を導線を意識しながら作ります。

この時点ではまだデザインのことは考える必要はありませんが、配置計画はコンセプトとなる核の部分です。

曖昧にしておくと最終的にデザインが良くても使いにくい庭になったり、本当にこれでいいのだろうか?と迷う原因になります。

以下のようなゾーニング計画になりました。

上記のような絵を描くことで次のことが徐々に明確になってきます。

  • 目隠しをしたい範囲の確認。
  • 要望の一つである「周りからの目線が気になって家のなかにいてもリビングのブラインドを空けることができない」は、特にどの方向を解決すれば良いかを表示することでアイデアが膨らみます。
  • 緑色枠の「子供たちの遊び場」への出入りは黄色枠の「来客用駐車場」を通ることになるので、来客駐車場を単なるコンクリートにするのではなく少し遊び心を取り入れると良いのではないか、という発想につながります。

デザイン

ここから先が皆さん行き詰まるところだと思います。

商材の知識・アイデアの引き出し・経験・予測力などが物を言います。

まずは誰でもできる手軽な情報収集として、ネットで写真検索をして好きな写真をどんどん保存していきます。

そうすると自分の好きな傾向が分かりますし、「こんなことができるんだ!」といった写真に出会えると思います。

プランナーがデザインするうえで特に重要視していることは「形と配置」「素材と色」「植栽計画」です。

形と配置

長さや高さ、大きさに迷ったら比率を取り入れると解決できる場合があります。

代表的なのは「黄金比率」「白銀比率」。

デザイン業界では有名な比率ですので、エクステリアにおいても応用できます。

素材と色

石・レンガ・アルミ・コンクリート・タイル・鋳物・木製品などがあります。

それぞれの使い方の常識や思い込みを取り除くと面白いものができますよ。

色は色相環を参考にすると良いですね。

建物の色調に合わせると無難ですが、敢えて変えるというワザもできます。

植栽

日本庭園でなければ「自由に!」と言ってもいいくらいですが、覚えておくと便利な方法は不等変三角形での配置です。

どの場所からでもバランスよく見ることができます。

もう一つは、大きな木の足元が見えにくいように低木や下草を配置すると綺麗に見えます。

プラン完成

以上の手順を経てプランが完成しました。

アルミの柵

まとめ

ゾーニングまではどなたでも楽しく簡単にできると思います。

デザインを煮詰めていく作業はもしかすると頭から煙が出るくらいになるかもしれません。

先にも触れましたが、誰にでもできる手軽なアイデア収集方法は色んな施工例を見ることです。

ただし施工例を見ることは間違っても真似することではなく、想像を掻き立てることが目的です。

するとオリジナルあるアイデアが浮かんできやすくなるでしょう。

また、平面的な2Dの絵を考えるだけでなく立体的な3Dも想像しないといけない場合は、慣れていないととても大変だと思います。

行き詰ったときは、私たちエクステリアプランナーは素敵なアイデアとともに、分かりやすく3D画像もご提供しております。

エクステリア無料相談はこちら

ステージでは、富山県内からのご依頼を承っております。営業・設計・監理を一貫して代表の大橋が担当。よりクオリティの高いエクステリアを実現します。

サービス詳細

関連記事一覧