芝生の手入れ方法【管理スケジュール表付き】

庭造り・ガーデン

お客様から「芝生の手入れをすることができなくなったので違うものに入替てほしい。」といった問い合わせが多いです。

このような問い合せを頂いたときに次のような質問を投げかけさせて頂きます。

  • 芝生の提案を受けた時点で業者さんから手入れのアドバイスをされましたか?
  • 芝生工事が終わった後に簡単でもいいので手入れのスケジュール表などを頂きませんでしたか?

そうすると必ずと言っていいほど「いいえ」と返答されます。

芝生は想像以上に奥が深く、どのような手入れが必要かをお客様に伝えきれていない業者が多いことに驚かされます。

そこでこの記事では事前情報のひとつとして、天然芝で後悔しないために手入れの仕方を一度で読み切ることができるように完結にまとめてみました。

日当たりなどの環境によって多少の違いはあります。

天然芝の管理スケジュール

ホームセンターでも入手することができ、芝生をされているご家庭のほとんどが高麗芝ではないでしょうか。

この高麗芝を基準にスケジュールをまとめてみました。

芝刈り(5月~10月)

芝刈り

毎月1~2回程度。

草丈が5㎝になったら刈込み目安で刈り終えた芝生のクズは芝生の上に残さないでください。

肥料(4月~10月)

芝生 肥料

1~2か月に1回程度。

芝生用の化成肥料を施してください。

また、芝生が濡れている時に肥料を施すと、葉面に付着して肥料焼け(芝生が枯れる)を起こすので注意が必要です。

エアレーション(4月頃)

エアレーション1

エアレーション2

芝生は踏みしめによって、地面が固くなり土中が酸素不足となる為、地面に穴を開けて空気を通します。

10cm程度の間隔に深さ7~8cmの穴を均一に開けます。

エアレーションの後は、たっぷり水やりします。

雑草取り(4月~10月)

草取り

草取り2

雑草の根を残すとまた一段と強く再生しますので、根元の芝生を細見のコテ等でこじ開けて、しっかり抜くことが大切です。

芝生専用の雑草抑制剤を使う手もあります。

また、雑草は風に乗っていつでも飛んできますので、雑草が生えたらすぐに抜く事が大切です。

害虫駆除(4月~9月)

コガネムシ・ヨトウムシ・シバツトガが芝生の3大害虫です。

殺虫剤等で駆除しましょう。

コガネムシ幼虫

コガネムシ幼虫

ヨトウムシ幼虫

ヨトウムシ幼虫

シバツトガ幼虫

シバツトガ幼虫

水やり

水やり

貼芝後や夏場は土が乾燥しない程度に散水を行って下さい。

土に湿り気を持たせるくらいが最適です。芝生は乾燥被害よりも、水分過剰の被害のほうが受けやすいです。

又、樹木と同じく朝方や夕方の涼しい時間に散水します。

一覧表

以上のスケジュールをエクセルファイルに一覧表でまとめたものがこちらです。

芝生管理スケジュールDLはこちら

ダウンロードしてお使いください。

省管理型の天然芝がある

背丈が伸びにくいため、芝生手入れのメインである芝刈り回数を軽減できます。

種類はTM9ウィンターフィールドがあります。

店頭ではなかなか手に入らないため、ネット購入または業者に依頼しましょう。

まとめ

芝生も植物ですから少なからず手入れの必要はあります。

その手入れをすることができるかどうか、実際に工事をする前の段階で判断できるようにこの記事が役立てばうれしいです。

エクステリア無料相談はこちら

ステージでは、富山県内からのご依頼を承っております。営業・設計・監理を一貫して代表の大橋が担当。よりクオリティの高いエクステリアを実現します。

サービス詳細

関連記事一覧